TOP

就活情報はこれで決まりです。

リクルートスーツは、大学生向けの就活を行うためのスーツのオーソドックスなものです

リクルートスーツというのは、大学生向けの就活を行うためのスーツのオーソドックスなものです。スーツのスタイルとして、リクルートスーツというものがあるということではありません。スーツの一般的なものは、黒やグレー、紺等の濃い目のカラーに、シャツの白いもの等を着るものです。女性の場合は、スカートの方がパンツスーツよりもいいと言われています。最近は、会社によっては自由な服装というところもありますが、どうでもいい服装ということではなくて、入社してからも自由な服装であるため、恰好がきちんとしているかをチェックされます。アパレル関連等の場合は違っていることがありますが、一般的にはデザインや価格よりも、堅実さや誠実さがアピールできるスーツを選択するといいでしょう。リクルートスーツを選択する場合のポイントは、自分に似合って、入社した後も着ることができるものです。スーツは1着黒を用意して、白いシャツを数枚準備しておくといいでしょう。

SPIとは一体どんな試験なのか

就職活動で採用試験の一つとして行われるのがSPI試験です。SPI試験とは適性検査の一つです。適性検査とは応募者の能力や性格などを測るために行われる試験のことです。これによって、たくさんの応募者がいたとしても、その中からよりその企業に最適な人材を選び出すことができます。この検査によって、応募者を大きく絞ることがあるため、就活においてとても重要です。会社は適性検査を自社で用意することもありますが、それはとても大変であり、手間とお金がかかってしまいます。そこで、多くの会社では外注しています。適性検査でも対策をする意味はあります。問題の中には一般教養を問うものが含まれているからです。SPIはリクルート社が提供している検査であり、就職活動をはじめとして色々なところで利用されています。就職活動においては最初の難関となるため、上手く突破できるように十分な対策が必要となります。対策のための書籍はたくさん出ています。実際に買って対策をしましょう。

プレゼンテーション面接とはどういうものなのか

面接の中でもプレゼン面接が行われる場合があります。たとえば、就職試験の最終面接でプレゼンテーションをすることになるケースは珍しくありません。課題が出されてそれについて10分ぐらいプレゼンを行い、その後に質疑応答をします。プレゼンをすることでその人の色々な能力を見ることができます。与えられた課題についてきちんと理解して、考えることができているのかが分かります。また、他人に分かりやすく説明をする能力があるのか、論理的に物事を考えて説得力のある結論を出せるのか、人前ではっきりと自分の意見や考えを主張することができるのかといった、色々な能力を試されることになります。基本的にプレゼンテーション面接といえども、普通のプレゼンの場合と秘訣は同じです。きちんと課題について把握して、分かりやすく伝えたい内容をまとめましょう。そして、何度も練習をすることが大切です。自分に自信を持って堂々としましょう。分かりやすい内容を心がけてください。

月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ